スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れない夜の鬱々とした考え

久々に昼寝をたっぷりしてしまい、どうしても寝付けなくなってしまったのでブログを更新することに。
ここ最近考えていたことを思考の整理のために書きなぐっておく。

・自分の人格
先日、とあるSNSで私個人宛にメッセージが届いた。
その内容は秘密であるが、そのメッセージを私が5日もの間放置していたことにより、送り主から繋がりを切られてしまった。
私はそのSNSを連絡用には用いていなかったので通知を切っており、結果として5日間気づかなかったのである。

送られてきた内容もさながら、そんなに大切な内容であれば学生に与えられた大学のアドレスに送ってくれればよかったものを…
こういうことがあるから、SNSはあまり好きではないのである。

twitterも最初は楽しかったものの、自分の人格が露わになってきたあたり(ボロが出てきたあたり)から楽しめなくなった。

そしてもう一つ、私がこの出来事に対してショックを受けたのは、繋がりを切られてしまったこと自体というより、自分の人格を否定されてしまったことに対するショックが大きいことに気づいてしまったことである。

他者がSNS上で私の行動に対して何らかの不快を感じ、私との繋がりを切ったとする。
その後、現実世界で私とその他者が出会った時、今までのような気持ちで接することは出来るのだろうか。
たとえ他者が気にしてなくとも、私はそのことをずっと気にしてしまうのだ。

思い返せば私が大学入学当初に仲良くなった人たちの多くは、徐々にボロが出始めてから疎遠になってしまった。
もともとタイプが異なる人達(いわゆる大学生らしい大学生)であったので、彼らとずっと一緒にいることは到底不可能(大学生らしさを目の当たりにすると、体調が悪くなってしまうからである)であるのに、それでも彼らとの繋がりが途絶えてしまったことを考えると、時々憂鬱になる。

これも彼らと一緒にいられなくなったことより、自分が彼らに否定されてしまったのでは、と考えてしまうからだろう。
私には少数の気の置けない友人がいるのに、誰からも否定されないように生きようとしている自分の考えに辟易する。


私の憧れる生き方は「メールを殆ど見ない人」や「周囲から嫌われていても、何ぞという顔で生きている人」である。
前者は社会的にどうなの、と思う所があるが、周囲の反応を顧みず自由気ままに行きる様に憧れる。
後者は他者からどんなに悪口を言われても、自分の生き方を突き通す生き方に憧れる。
私はそんな精神力を持ち合わせていないので、目指しても成れるものではないが…

常に人の顔色を伺うような生き方はしたくないとは思ってはいるものの、自分の精神力ではどうしてもそうは出来ないようだ。
ああ、過去のことは過去のこと、これから自分がどう生きていくかが大切だ、と割り切れるようになれれば、この先の人生はどれだけ楽になるだろうか!





もうすぐ俗世間から離れて、南の島に生き物を求めて逃亡いたします。
生き物と出会い触れ合ったいる時間が、唯一の救いなのです。

追記:長々と書いてしまったが、要するに自分は人に嫌われることに慣れていないのである。
どうせ社会に出たら誰かに嫌われずにはいられないので、大学時代に沢山の人に嫌われ、嫌われるても何知らぬ顔で過ごせるようになりたい、
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。