スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linuxmintでguake

Terminalを毎回左下の歯車マークをクリックして…というのが面倒になってきたので、何かいい端末がないかと調べて行ったところguakeにたどり着く。

なんとF12で自動起動してくれるのだ。

これはありがたいということで早速インストール。

sudo apt-get install guake



デフォルトだと透明度が高すぎるので、

設定(guake preferences)→外観→効果:透明度のスクロールバーをいじる。

後はLinux Mintの起動時に自動的に起動するように

設定マネージャー→セッションと起動→自動開始アプリケーション→追加 で

名前は適当にguake、コマンドはguake /usr/bin/guake と設定。

これだと起動した時に、ターミナルが透過されない事態に陥ってしまいます。

調べてみたところ、ここに解決策が書かれていました。

guake /usr/bin/guake

を 

bash -c 'sleep 5s; guake'

に変更。


これで設定完了。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ケミ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去記事
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月間アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。