イワシのから揚げ最強説

4月29日

今日のサークル活動は、「海釣りに行こう」

しかし自分は参加しませんでした…


なぜかと言いますと、それは自分が磯の臭いが苦手という単純明快な理由からです。

中学生の頃、父に連れられて磯釣りをしに海にいったことがありまして、その時に車から降りた瞬間にノックダウン。

その日は終始車で横になって過ごしました。


そういう前科があるので、今回の釣りはパスしました。

しかし夜の食事会には是が非でも参加しようと思い、集合時刻の30分前に家を出発。

集合場所は行ったことがない場所だったので、ネットで調べたり道行く人に聞いたりして何とか3分前に到着。



「何とか時間通りに着きました~」



と言おうとしたが、そこには部員の姿が見当たらず。

どこか渋滞にでも引っかかっているのか、それとも集合場所を自分が間違えたか…


とりあえず待ってみること30分、携帯電話のバイブがポケットで振動している。


「釣り班は遅れるから少し時間をつぶしてほしい」


…フィールドワーク開始の合図です…!!


集合場所をいったん離れて、散策スタート。

今日は比較的暖かいので、散歩が心地いいです。

CIMG3012.jpg

えーっと、ツツジでしょうか。

花の名前は虫以下の知識でして…

間違っていたらコメントで知らせてください。

CIMG3013.jpg

ドクダミが道端のあちらこちらに生えていました。

アヌビアアスのような、丸みを帯びた可愛らしい葉をしています。

CIMG3014.jpg

この木はどうなっているのでしょうか。

立ち枯れして風雨にさらされたことによって、こんな形になってしまったのかもしれません。


ぶらぶらしている合間に、1時間経過。

再び集合場所に戻って、部員の方々と合流。


では調理スタートです。



えっと…自分は何をすれば…

包丁をろくに握ったこともないような人が、魚をさばける訳がない。


生姜を下ろしたり、つみれを作ったりと簡単にできる作業のお手伝い。

華麗に魚をさばくN君、かっこいい…

在学中に魚を三枚におろせるようになりたいです。

CIMG3017.jpg

イワシのつみれです。

フードプロセッサーであっという間にミンチになり、それをコネコネ丸めていきます。

イワシのいい香りが漂います。


CIMG3015.jpg

こちらはイワシのフライ。

こんがりジューシーに揚がっております。


CIMG3018.jpg

いただきまーす。


まずはつみれのスープから。

つみれ団子を一つつかみ、口の中へ…

こ、これは…うまい!

若干残っている海水のしょっぱさと、うすい醤油をベースにしたスープとの相性が抜群!


続いてタチウオのフライとイワシのフライを賞味。

イワシのフライってどうなんだろう…

と思いながらパクり。

おおおおお!?あっさりとした中のイワシ本来のうまみが(以下略)


ちょっとくどくなってきたので、この辺でやめておきます。

このほかにアンコウ、サメ(名前忘れた)も食べました。

ちなみに釣果はと言いますと…だそうです。


以上、魚は暫くはいいかなーと思うほどの魚尽くしの晩餐でした!


帰りに余った小麦粉と油を頂戴してきました。

5月の頭から自炊を始めようと考えているので、ありがたいです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ
にほんブログ村

クリックお願いします。

では

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

プロフィール

Author:ケミ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去記事
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月間アーカイブ